カツラやウィッグ

ハゲになりやすい人

はげになりやす人ってどんな人でしょう?
よく言うのが、親戚にはげの人がいると、はげになりやすいといいますが、実は遺伝的要因ではげるということは医学的にも証明されている事実であるため、残念ながら家族にはげがいる場合は注意しなければなりません。
遺伝によってはげやすいと言いますが、実際にははげに直結する遺伝子というものは存在しません。

実際には、はげに関連する髪の毛の太さ、質、さらに頭皮状態やストレス耐性、女性男性にかかわらず、男性ホルモンの量を司る遺伝子がはげのなりやすさに関係してきます。
髪の毛が太いほうが例え本数が若干少なくても髪の毛が細い人よりふさふさに見えます。
また、髪の毛が太い人のほうが毛根が強いことから抜けにくく、結果としてはげにくいと言えます。

ですが毛根の太さは食生活の見直しによってある程度改善できます。
また頭皮の皮脂分泌が盛んで、脂っこい頭皮を持っている場合は、頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすく、酸化して硬くなることで毛の成長を阻害してしまうことが想定されます。
また、極端なダイエットや不規則な食生活で頭皮が酸欠、栄養失調になってしまうことで頭皮への血流が悪化し、毛根が弱り、死んでしまう可能性が高くなります。

ストレス耐性の低い人は、その影響でも血流が悪くなり、頭皮に十分な栄養が運ばず、毛根が正常に機能しなくなってしまいます。
これらを考慮すると、食生活を見直し、ストレスの根源の除去、もしくはストレス発散を行ったりと、環境を変えることで十分にはげの進行を抑えることが出来ます。
また、今では、育毛剤などの外用剤や男性ホルモンを抑える内用剤など、さまざまなはげ対策アイテムが開発され、多くが店頭で、ネットで購入できるようになっています。
遺伝的にはげになりやすいから、といってはげになるのを待っているというのは完全な諦めです。
今でははげの対策のための専門のクリニックなども展開されており、女性の社会進出なども伴い、男性だけの問題だけではなくなってきました。
様々な解決法があるので、諦めるのはなく、対策法を考えていきましょう。

このページの先頭へ