カツラやウィッグ

女性もハゲる?

はげ、というとどうしても男性の問題と思いがちですが、女性の社会進出が増えたことからも、女性でもはげ、とまで言わずとも、薄毛に悩んでいる人は日本全国でも数百万人以上いるとされています。
わかっているだけでも1割の女性が悩んでいるということです。
隠れて薄毛やはげで悩んでいる人を入れたらもはやその割合は未知数です。

では、男性のものだと思われていたはげが、なぜ女性にも当てはまってきたのでしょう?
まずは老化が挙げられます。
男女問わず、老化によって様々な体の変化が訪れます。

もちろん、老化は性別に限らず誰しも経験しなければならないものです。
老化により、体の能力は低下し、頭皮が弱り、毛根が弱り、髪の毛が薄くなり、抜けやすくなることで人によって程度は違えど、確実にはげへの階段をのぼることになります。
この進行を停止することはなかなか難しいですが、遅らせる手段は多くあります。

例えば、食生活を通じての手段があります。
男性でも、脂っこい食事ばかりを繰り返していたり、ジャンクフードなど、栄養が偏りがちなものばかり食べていたりすると、はげになる危険性が増すとされています。
女性も同様で、脂っこい食事で皮脂分泌が過剰になり、頭皮に溜まって毛穴を塞いでしまったり、ちゃんと栄養が取れていないと栄養が十分に頭皮にまで到達せず、毛細血管が収縮してしまい、より栄養素が発毛、育毛に使われないことになります。

とくに女性だと、過激なダイエットによる栄養失調も考えられます。
体は栄養が十分ではないと判断すると、生きていく上で必須な器官への栄養を確保しようと奔走します。
その結果、重要度の低い毛髪に挙げる分の栄養が不足してしまい、結果的に髪の毛だけ栄養失調ということになります。

この結果、髪の毛の成長に十分な栄養が運ばれず、はげになってしまうというのです。
また、女性の社会進出が増えてきたことから仕事へのストレス、もしくは家事都の両立などで多大なストレスを受ける環境が増えてきました。
男性でもストレスによるはげは多く、女性もその影響が出始めています。
我慢のいる過激なダイエットと組み合わせるとストレスと栄養失調のダブルパンチを食らうハメになるので、心身ともに健康的な生活を心がけましょう。

このページの先頭へ